〜〜〜ハルカの写真展〜〜〜

<番外編2 獅子座流星群>

はじめに

このページでは、ハルカ自身が撮影して気に入った写真を展示する写真展です。なお、この写真展の掲載作品の権利はこのページの作者に有るものとします。また、ここの作品を無断で他の場所で掲載、使用することを禁じます。メールにて確認後、使用を許可いたします。
・写真をクリックすると、大きく画像を表示します。
・一覧表示が終われば、拡大表示はすぐに出来ます。 ディスプレイを明るく調整し、是非とも拡大してご覧下さい。




日時:2001年11月18日(日)深夜〜2001年11月19日(月)早朝
撮影地:高知県香美郡土佐山田町 鏡野公園広場
使用機材:オリンパスOM4TiBlack、ズイコー28mm F/3.5、三脚、富士フイルムISO100(RIALA)・ISO400・ISO1600

僕は、期待に胸を膨らませて、空を見上げていました。

そう、しし座流星群を、流星を見るために。

去年からクリーニングの袋に入ったままのコートを引っ張り出し、Tシャツ、シャツ、ジャケット、コートの4層耕造に身を固め、フィルムもISO感度100〜1600まで取りそろえ、電池も交換し、準備万端。

勿論18日の昼間は爆睡。 夜中の11時頃に起きあがり、コンビニ弁当とお茶を片手に、自転車で大学の隣にある鏡野公園へ。 実は以前から下見をして、良さそうなアングルが得られそうな場所を探していたのだ。

19日0時を過ぎた頃から、ぼちぼち流星が流れ始めた。 僕は、カメラの最終調整と三脚にセットを終え、レリーズを片手に地面に寝転がった。

そう、教会の中高生アウトドアキャンプで行った、母と子の島の海岸で、夜中に友人らと毛布にひっくるまって見上げた、初めて流星を見て感動した夜を思い出して。

青年キャンプで行った和歌山花園村で、ビニールシートを広げて地面に転がり、みんなと流星を探したあの時のように。

無論、その時の比ではなかった。

丁度、高知県は絶好の観測日和で、雲ひとつ無い快晴。 風も弱く、寒さを耐えしのぐにも、カメラの結露を心配するのも、最高の条件。

遙か遠く、何万光年もの旅をしてきた星たちのメッセージを、この目にするだけでも心地よい。

しかし、時間と共につれ、流星の勢いが増してきた。 最初は、以前に見たことのあったような流星であったが、時々、大空を一杯に駆け抜けるような流星や、流星が走った後も、軌跡が残像のごとく消えないほどの明るいもの、さらにはどこかでストロボを炊いたのかと思うほど突如現れる空全体のフラッシュ。

中には、同じ方向、同じ角度、同じ長さの流星が、ぷよぷよの如く3連鎖、5連鎖するのには驚いた。

同じ一瞬に、空に流星が二つ以上も流れている瞬間を、目にしたことがありますか?

このような星空を、僕がこの世を旅立つまでにあと何度見られるのかわかりませんが、一生の思い出になるでしょう。 ありがとう、獅子座流星群。

流星の撮影は初めてで、決して上出来とは言えませんが、少しばかり写真を掲載しましたので、ごらん戴ければ幸いです。










後ろの明かりは高知工科大学です 普通の星の軌跡と異なるのが流星です レンズが結露したか、ぶれたか… 左に見えるのが北極星
真ん中が北斗七星 オリオン座かなぁ? 流星って色分布があるんですね オリオン座の真上を流れました 無題 無題 無題














写真展目次のページに戻る
写真のページに戻る
ハルカのホーム



この写真展の御感想をどうぞ